Today's article

artek.exblog.jp

Jean Milletのミルフィーユ

春は人の出入りが激しい季節。
わが社の良き(悪しき)習慣で、異動でいなくなる人は「お世話になりました」お菓子を、異動で入ってくる人は「お世話になります」お菓子を配ったりします。
このお菓子配りってーのも人間模様が見えたりして、各々用意するといなくなる人の数だけもらう事になります。最近のトレンドとして、いなくなる人がお金出し合って大物菓子をどーんと配るケースがあります。すなわち10人の転出者がいても、もらうお菓子は1個。でも豪華。ってな感じ。もちろん仲良くないと、「みんなで用意するかー」ってな話にはならないので、そこで「人間模様」が垣間見えたりするわけです。
今回複数の転出者が発生したわが部は仲良しだった模様。箱でもらいました。
ジャン・ミエのミルフィーユでした。
e0022860_165786.jpg

このミルフィーユ、時々もらうことあったけど、たいていは「お好きなの1個どーぞ」でした。なんで、4種類の味コンプリートしてませんでした。やったー!
e0022860_1663969.jpg

オランジュっていうやつを切ってみた。
e0022860_1671472.jpg

写真じゃ見えないけど、オレンジピールの食感あります。
ホワイトチョコ好きなんで、1番好きなのはジャンドゥーヤ。パイのサクサク感とクリームのしっとり感がうまいことマッチしてます。

長い間の人も短い間の人もお世話になりました!ごちそーさまでした☆
[PR]
by sweetafternoontea | 2012-03-20 16:10 | sweets